事故有係数適用期間はどのように決まるのですか?

  • 自動車保険

事故の内容と、事故件数から事故有係数適用期間(0〜6年)が決定されます。

事故内容ごとに、以下のように事故有係数適用期間が加算されます。

3等級ダウン事故の場合

事故有係数適用期間 事故1件につき、「3年」加算されます。
3等級ダウン事故(例) 相手の方にケガをさせてしまい、対人賠償保険金が支払われる事故 電柱に衝突して、車両保険金が支払われる事故 翌年の事故有係数適用期間 3年 現在の事故有係数適用期間 0年

1等級ダウン事故の場合

事故有係数適用期間 事故1件につき、「1年」加算されます。
1等級ダウン事故(例) 物の飛来中・落下中の他物との衝突により車両保険金が支払われる事故 盗難により車両保険金が支払われる事故 現在の事故有係数適用期間 0年 翌年の事故有係数適用期間 1年

ノーカウント事故(等級に影響しない事故)の場合

事故有係数適用期間 加算されません。
ノーカウント事故(例) ケガをして人身障害保険金のみ支払われる事故 弁護士費用保険金のみ支払われる事故 現在の事故有係数適用期間 0年 翌年の事故有係数適用期間 0年

事故有係数適用期間は保険期間を満了する毎に、事故の有無に関わらず1年減算されます(0年が下限)。
詳しくは以下をご覧ください。


「事故有係数適用期間」の算出の仕方

1年経過するごとに前年の事故有係数適用期間から1を引きます。上限は6年、下限は0年となります。

事故有係数適用期間 説明図

お客さまセンター

0120-312-405

平日9:00〜22:00(4月24日まで。4月27日以降は9:00〜20:00)
土日祝9:00〜18:00

お電話がつながりにくい場合は、メールでのお問い合わせもご利用いただけます。

メール入力フォームを開く

この回答で問題は解決できましたか?
はい いいえ
お問い合わせ

お探しの情報が無かった場合は、こちらからお問い合わせください。

ページID:
Q10063