何も契約内容を変更していないのに、前年と比べて保険料が上がったのはなぜですか?

  • 自動車保険

次のようなケースにおいて、保険料が上がる場合があります。

<CASE 1>お車の型式の料率クラス見直し

ご契約のお車の用途・車種が自家用普通乗用車または自家用小型乗用車の場合、お車の型式によって1〜9の料率クラスを定めております。料率クラスは「損害保険料率算出機構」が型式ごとの事故発生状況等に基づいて算出したもので、これにしたがって、当社では保険料を合理的かつ公平に算出しております。
なお、料率クラスは、毎年見直しを行っておりますので、適用される料率によって保険料が上がることがあります。

料率クラス

<CASE 2>保険料率の見直し

リスク区分毎の保険事故の実績に基づく調整等のため、保険料率の見直しを随時行っています。 そのため、保険料が予告なく上がることがあります。

例として、CASE3からCASE6がございます。
  • 損害率の動向等に応じて保険料の見直しを随時行っており、保険料は予告なく変更となる場合があります。
車

<CASE 3>記名被保険者の年齢

以下の全ての条件を満たす場合には、保険始期日時点の記名被保険者の年齢によって保険料を算出しています。
そのため、記名被保険者の年齢によって保険料が上がることがあります。

  • お車の用途・車種が自家用普通乗用車、自家用小型乗用車または自家用軽四輪車である。
  • お車の使用目的が業務使用でない。
  • 運転者年齢条件が「26歳以上補償」または「35歳以上補償」である。
年代別

<CASE 4>始期日時点における記名被保険者の運転免許証の色

始期日時点における記名被保険者の運転免許証の色に応じて、保険料を算出しています。

  • ゴールド
  • ブルー
  • グリーン
運転免許証

<CASE 5>ご契約のお車の年間走行距離区分

申込日時点から過去1年間のご契約のお車の走行距離実績によって保険料を細分化しています。次の8つの距離区分に応じて、保険料を算出しています。

  • 3,000km以下
  • 3,000km超5,000km以下
  • 5,000km超7,000km以下
  • 7,000km超10,000km以下
  • 10,000km超12,000km以下
  • 12,000km超15,000km以下
  • 15,000km超20,000km以下
  • 20,000km超
年間走行距離区分

<CASE 6>地域区分(ご契約のお車の登録地)

ご契約のお車の登録番号(ナンバープレート)の運輸支局名によって保険料を細分化しています。次の7つの地域区分に応じて、保険料を算出しています。

  • 北海道
  • 東北
  • 関東・甲信越
  • 東海・北陸
  • 近畿・中国
  • 四国
  • 九州・沖縄
地域区分

<CASE 7>事故の有無による「ノンフリート等級」・「事故有係数適用期間」(注)の変更

前契約の保険期間中の事故の有無により、ノンフリート等級・事故有係数適用期間は変化し、翌年適用されるノンフリート等級・事故有係数適用期間によって保険料が上がることがあります(事故の扱いは損害保険各社により異なる場合があります)。

  • ノンフリート等級制度における等級別の「無事故」/「事故有」の割増引率のうち「事故有」の割増引率を適用する期間(始期日時点における残り年数)のことをいいます。

車 事故

  • 上記<CASE 1>〜<CASE 7>により、保険料が下がる場合もあります。

<CASE 8>各種割引が適用対象外となった

以下の各種割引についてはそれぞれ適用条件があるため、割引の適用対象外となった場合、保険料が上がることがあります。
  • 新車割引
  • ECO割引
  • ASV割引
この回答で問題は解決できましたか?
はい いいえ
お問い合わせ

お探しの情報が無かった場合は、こちらからお問い合わせください。

ページID:
Q10558